2005年03月03日

no-title

「まぁいいや やっちゃえー!」とやってみる事はあたしにとって大事
今までそれで切り抜けてきた



一個目の高校辞めてプチひきこもりしてた時次の高校決めた
二個目の高校がおかしなとこで行かなくなってひきこもり、このままではいかーんと適応指導教室に通いだした
三個目の高校を卒業する時、外にあまり出れないのに専門に入ると決めた
毎日学校がつらくて夏休みで「行かない日が続くとまた行けなくなる」と焦る事が嫌でバイトしだした


外に出れなくてずっとうじうじしてるけど、「しらんわ!とりあえずやっちゃえ」となると動ける

それともう一つ
プレッシャーがない程度に「行かなくちゃいけない」という所があると外に出られる

そういう自分の性質わかってるんだけど、いろんな事が気になりすぎて出られない
忘れようと意識しすぎてるため、気になってる事が毎日夢に出るので更に気になる

この前、恩師(適応指導教室の先生)と電話で話した時にもその話になった
やっちゃえと言っても、やっぱり気にしすぎに気にしてる事を考えないようにして外に出る事は負担が大きい
だから、それらの事を気にしなくていい所に行けばいいんじゃない?と言われた
そうだなぁ
忘れてたけど、適応指導教室に行けたのもそうだった
通ってた高校とは逆方向だし、昼に出かけて夜に帰るから同級生に会う確立が低い
確立が低いだけで、知り合いになんてどこででも会う
だけど、怯えながら出るとエネルギーを使い果たしてしまう
少しでも気にしないで出られた方が負担が少ない

でも、そんな所あるかな…
恩師に「今バイトするのは危険じゃないかな」と言われたし、自分も今はなぁ…って感じ
今でも働けなかった自分を責めてばかりいるから
何かで外に出れてから働く事考えたい
二人で「うーん」って考えた
「そうよ あなたボランティアは?」

そうだ〜
忘れてた
忘れようとしすぎてたけど、ボランティアがあった
いつまでも、福祉=怖いって思ってるのは嫌だし
適応指導教室の後輩がボランティアをやっていて、そこはあたしの家から1時間半位
地元でビクビクするよりよっぽど行きやすい気がする
病院からもわりと近い
帰りに病院に行くこともできるじゃん
土曜日だけかもしんないからどうかな(土曜日はたまにだけど彼と外に出るから平日出る機会が欲しい)

自信はないけど後輩に連絡してみた
ボラ先の担当者に話してくれるらしい
自分でやれば良かったかな?
あんまり話が長くなると、また「私ダメ人間、死ぬ まぁこちゃんはいいよね…私なんて」という話をされそうで早めに切り上げちゃった
今は聴けるほど元気がないし、今の状態で聴いてるとあたしまで同じ気分になってしまうもん
ごめん、後輩

どうなるかは考えないようにする
できたらいいなって程度に考えるのがいいかな

運良くできたらラッキー
くらいに考えておくよ
この記事へのコメント
ボランティアはいいと思うよ。
私も似たような事をしているので・・・

失敗してもお金貰ってるわけじゃないし!!
と割り切れる所が好き(^^ゞ
Posted by とーき at 2005年03月03日 22:02
この意欲が絶えないうちに動こう都思います〜
Posted by まぁこ at 2005年03月07日 21:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。